車のローンが残っていても売却は可能です

自分の愛車のローンがまだ残っている場合、事情によりローンが完済していないのに売却しないといけない場合があります。

 

このような場合でも車は売却することは可能です。
ローンが残っている場合に気をつけなければならないのは、車の名義が誰になっているのかを確認する必要があります。

 

車検証をみて、所有者が自分の名前になっていれば売却することはできます。
しかし所有者がローン会社やディーラーなどの場合には、ローンを完済しないと売却はできませんので、ご注意ください。

 

一番の理想は、ローンがない状態で車を売却することですが、車種や年式によっては、買取額がよい場合がありますので、タイミング次第ではローンがあっても買い取り額には支障はありません。
ローンの残額によりますが、買取額がローンよりも高い場合は、その差額を買い取り額としてもらうことができます、逆に、ローンの残額のほうが多くなってしまう場合は、残りのローンを買い取り業者で組みなおしてもらい、返済を続ける必要があります。

 

もしくは足りない分を現金で買い取り業者に支払って完済することもできます。
その対応は業者により異なりますので、問い合わせてください。どちらにせよ、車が自分の名義でないと手続が少し複雑になりますのでご注意ください。

 

そしてローン中の車の査定をしてもらう時はなるべく車にローンの残額があることを業者に伝えないこともコツになります。ローンが残っていると査定額が安くなる場合もあります。

 

業者によって買い取り額が変わるのは、その業者の販売ルートにありますので、数多く査定をしたほうが、希望額に近い査定をしてくれる業者が見つかる場合が多いです。

 

諦めずに探し続けることが大切ですが、少しでも査定額をあげたい場合は、ローンを完済する必要がありますが、オークションや、知り合いに売るなど、車を売る方法は沢山ありますので、自分が満足いく価格で売却できるように心がけてください。

車コラム

最新記事